ビジネス

結局何が違うの?instaでオススメされてる証券会社4つについて簡単比較

どこの証券口座を選べばわからない。

今日はそんな方のために証券会社比較表を作りました。

比較対象は以下の4つ

・SBI証券

・楽天証券

・PayPay証券

・LINE証券

日本には数多くの証券会社がありますが、今回はinstagramでよくオススメされている証券会社に絞りました。

それでは見ていきましょう!

結局どんな特徴があるの?

細かく見ていく前にまずは結論から

・SBI証券:がっつり投資をしたい+普段Tポイントを使ってる。

・楽天証券:がっつり投資を始めたい人+普段楽天ポイントを使っている。

・PayPay証券:少額から投資を始めたい人

・LINE証券:少額から投資を始めたい+スマホを使う頻度が高い

どの証券口座を開設するか迷ってるそこのあなた!!

今後NISAやつみたてNISA、株式やETFも買っていきたいと思ってる方はSBIか楽天を

とりあえず投資に興味があるから始めてみたいという方はPayPayかLINEの口座を開設すればOKです。

4社を『取扱商品数』『手数料の安さ』『NISA対応の有無』で比較しました。

証券会社比較表

ちょっと待って!SBIと楽天が全て◯ってことは、この2社にしておけば間違いないってこと?

確かにSBIと楽天の2社は優秀な証券会社だね。
ただ各証券会社にも特徴があるから、今の自分に合った証券口座を選ぶのが大事なんだ。

では1つ1つ証券口座を見ていきましょう。

SBI証券

楽天証券

PayPay証券

LINE証券

個人的な感想

投資をしっかりとやっていきたい人は『SBI証券』か『楽天証券』のどちらかを開設すればOKです。

理由は『商品数が多い』『手数料が安い』『NISA対応していること』の3つ

業界最大手の証券会社のため総合力が高く、目立つデメリットがない。
さらにPayPay証券やLINE証券では対応していないNISAに対応してるので「投資が面白いからNISAを始めたい」と思った時にすぐできるのもいいですね。

どっちもいいのはわかったけど、結局楽天とSBIどっちを選べばいいの?

普段使うポイントがTポイントならSBI、楽天ポイントなら楽天を選ぼう!

楽天証券とSBI証券に大きな優劣はありません。

常日頃から楽天ポイントを使う人は楽天証券、Tポイントを使う人はSBI証券を開設するのがいいですね。

逆にPayPay証券やLINE証券はとりあえず投資を始めたい人、少額投資をしてみたい人にオススメです。

この2社は1000円や1株からでも株が購入できるので、お金がない学生の方でも手軽に投資体験をすることが可能です。

さらにスマホでの売買に特化しており、他社と比べてスマホアプリの売買画面が見やすくなっているのも初心者におすすめできる要素です。

まとめ

積極的に投資をしていきたいならSBIか楽天がオススメです。

普段使ってるのが楽天ポイントなら楽天証券、TポイントならSBI証券を選べばOK

とりあえず少額から投資に触れてみたいならLINE証券やPayPay証券がオススメです。

LINE証券はキャンペーン中で口座開設すれば株が貰えるので初心者さんは一考の価値ありです。