キャッシュレス

キャッシュレス決済、何を使えばいいの?図解やイラストでわかりやすく解説

こんにちは、keiです。

どのキャッシュレス決済を使えばいいかわからないよ〜

という悩めるみなさんにどのキャッシュレスを使えばいいのかをお教えします。

キャッシュレス決済を選ぶ上で重要になるのが以下の3点です。

  • ポイント還元率の高さ
  • 使い勝手のよさ
  • 自分が普段利用しているサービスとマッチしているか

ここを抑えた上で自分はどのキャッシュレスを選べばいいのか考えてみてください!

キャッシュレス決済:基本のキ

キャッシュレス決済はスマホで決済できるアプリのことを言います。

アプリを立ち上げるとQRコードやバーコードが表示され、そのコードをかざすことで決済が終了します。

キャッシュレスアプリで決済をするにはどうすればいいの?

キャッシュレスアプリに”銀行口座”や”クレジットカード”を連携する、または前もって現金をアプリにチャージしておくことで決済ができるようになります。

また銀行口座やクレジットカード連携をすることでキャッシュレス決済をお得に使うことができます。

kei

連携することでポイント還元率がアップします!

結論:d払い、楽天Pay、auPayを使おう

メインのキャッシュレスは、以下のいずれかがおすすめです。

  • d払い
  • 楽天Pay
  • auPay

理由は3つです。

・ポイント還元率が高い

・ポイントバックキャンペーンが多い

・使い勝手がいい

今回はよく使われるキャッシュレスの上位7つと比較しながら、その理由について解説していきます。

キャッシュレス決済:還元率比較

基本還元率って何?

kei

基本還元率はキャッシュレス決済を使った時にもらえるポイントの割合を表してるよ

1%なら100円で1ポイント、0.5%なら200円で1ポイント還ってくることになります。

基本還元率+クレカ連携はどういう意味?

kei

キャッシュレス決済は特定のクレジットカードと連携することでポイント還元率を上げることができるんだ。

例えば楽天payなら楽天カードと連携することでポイント還元率がアップします。

どういう仕組みかと言うと、

①楽天カードから楽天Payにチャージした時に入るポイント(0.5%)

②楽天Payを使用した時に入るポイント(1%)

①、②の還元率を合算して1.5%ということになり、ポイント還元率が上るという仕組みです。

クレジットカードなら何でもポイントが貯まるわけではなく、〇〇Payごとに指定されたクレジットカードでなければチャージ時のポイントは獲得できません。

クレジットカード連携した場合、LINEPAYが2.0%と一番高還元率です。

しかし2022年4月までと期間限定のため、注意が必要です。

キャッシュレス決済:キャンペーンと獲得ポイント

キャッシュレス決済を選ぶ上で大事になってくるのが、ポイントバックキャンペーンの多さです。

キャンペーンにエントリーしたり、サービスに登録するだけでポイントがザクザクもらえます。

中にはエントリー不要のキャンペーンまであるので、キャンペーンの多さ=ポイント貯まりやすさと考えていいでしょう。

キャンペーンの多いキャッシュレスがお得なんだね

kei

ポイントバックや10〜50%OFFクーポンの配布キャンペーンもやってるからとてもお得だよ!

キャンペーン数で言えばPayPayが圧倒的です。過去には20%ポイント還元や10人に1人無料など様々なキャンペーンがありました。

ついで、楽天Pay、d払い、auPayの3つが多くなっています。

結論:キャッシュレスのおすすめはこれ

  • d払い
  • 楽天Pay
  • auPay

冒頭でも話した通り、普段使い(コンビニや飲食店での利用)の場合はこの3つのどれかを抑えておけば間違いありません。

還元率はどれも1.5%と高還元率、ポイント贈呈キャンペーンの多さも同程度なので、どれを選んでも大丈夫です。

ちょっと待って!
LINEPayは還元率2.0%だったし、PayPayもキャンペーン多かったけど何でオススメじゃないんだよ!

kei

LINEPayは高還元率が期間限定、PayPayは還元率が低くて普段使いには向かないんだ。

詳しくお話しします。

LINEpay

LINEpayは通常0.5%還元、VISA LINEPayクレジットカードと連携することで2.0%になります。

現状、最高還元率を誇っていますが22年4月30日までの暫定値であるため、「メインキャッシュレスとして長期で使っていこう」という方には向きません。

複数のキャッシュレス決済を利用する方や期限付きだけど高還元率のカードがいいという方にはオススメです。

PayPay

引用:PayPaySTEP

PayPayは基本還元率0.5%です。上記PayPaySTEPの条件を達成していくことでポイント還元倍率が上がっていきます。

🔽還元率が1.5%になる条件

  • 300円以上の支払い30回、5万円以上の支払い
  • PayPayフリマやPayPayモールなどのサービスを3つ利用
  • PayPayアカウントとYahooJapanID連携

『300円以上の支払い30回、5万円以上の支払い』

ここの達成難易度がかなり高くなってきます。
仮に毎日コンビニで昼食を買うというサラリーマンでも、達成できません。毎日意識してPayPayを利用してやっと達成できるレベル

kei

頑張って達成したところで、還元率1.5%なのでメインで使うキャッシュレス決済には適しません。

確かPayPayはYahooカードとの連携でポイント還元率UPじゃなかった?

と思っている方は注意してください!

半年前まではYahooカードとの連携で1.5%還元の特典がありましたが、無くなりました。

代わりにPayPaySTEPという上記ポイントアッププログラムが導入されました。

いつの間にか終わってたなんて・・・

もしまだPayPayを使い続けている方は見直しが必要かもしれません。

まとめ

ではまとめていきます。

おすすめキャッシュレス決済は以下の3つです。

  • d払い
  • 楽天Pay
  • auPay

キャッシュレス決済は特定のクレジットカードと連携することで高還元率を達成できます。

d払いならdカード、楽天Payなら楽天カード、auPayならauPayカードを作成&連携するのがおすすめです。

手元に何もない場合はどこがおすすめ?

kei

その場合は楽天Pay+楽天カードが一番おすすめかな

楽天ポイントは色々な場所で利用できるのと、楽天サービスを利用することでポイントアップする仕組みがあります。

いまからキャッシュレスを始めるという方には楽天Payを強くオススメします。

kei

どれか1つに絞れと言われたら、僕は楽天Payですね。
しかし実際は4つのキャッシュレス決済を組み合わせて使用しています。

おすすめの使い方は複数持ち

キャッシュレス決済は複数持ちがオススメです。

メインの決済方法だけ決めておき、キャンペーンによって切り替えていくことをオススメします。

kei

切り替えがめんどくさいという方は高還元率の3つのどれかを選びましょう。

もし余裕がある方は3〜4つを使い分けましょう。

ちなみに僕は楽天Pay+LINEPay+PayPay+メルペイの4つを使い分けています。

おわりに

キャッシュレス決済は予期せぬタイミングで還元率が変わります。

当ブログやInstagramでは最新情報を発信しているので、ぜひフォローしてキャッシュレス決済の最新情報をチェックしましょう!

関連記事